団体概要

日本フォーマーキャビンクルーアソシエーションの団体概要

日本フォーマーキャビンクルーアソシエーションとは?

日本フォーマーキャビンクルーアソシエーションは航空業界出身者を抱える団体です。
会員は元キャビンクルーなどのフライトクルーが90%を占めており、その多くがバイリンガル、トリリンガルであります。更にキャビンクルーとしてファーストクラスやビジネスクラスでの接遇を経験したホスピタリティスペシャリストであると同時に飛行機内での安全確保を司る保安要員も兼ねていることから、業務に対しての意識が高く、高度な訓練を受け実務経験の多い人財が集まっています。私達はその人財の宝庫であるキャビンクルー(元及び現職)のセカンドキャリアを応援し、この素晴らしい高度人財が社会で活躍出来る創造斡旋していく事を目的に協会を設立しました。

団体概要

団体概要
団体名 一般社団法人日本フォーマーキャビンクルーアソシエーション
英語名 Japan Former Cabin Crew Association
郵便番号 〒105-0023
所在地 東京都港区芝浦1-13-10 第三東運ビル4F
ウェブサイト https://jfcca.or.jp
代表電話番号 050-6868-2770
設立年月日 2019年(令和1年)10月11日
理事長(代表理事) 秀島 一生 航空評論家・旅行評論家・ホスピタリティディレクター、拓殖大学客員教授(航空政策)元日本航空国際線チーフパーサー
専務理事(代表理事) 岩間 哲士 株式会社国際資源代表、G&C総合研究所理事長、INREグループ代表、日本イスラム産業文化開発機構理事長
副理事長 佐野 昭子 元日本航空客室乗務員、JALアカデミー研修講師、元トラベルジャーナル旅行専門学校講師、人材育成研修会社「プリサージュ」代表
副理事長 松尾 知枝 元日本航空客室乗務員、タレント、モデル、人材コンサルティング会社「株式会社インプレシャス」代表
顧問/弁護士 渡邉 雅司 (弁護士) 半蔵門総合法律事務所所属
顧問/税理士 加賀光義 (税理士) 税理士法人大和パートナーズ代表社員 一般社団法人SPECIALITY PLUS代表

組織体制

準備中

所在地

TOP